セントラルエンジニアリング株式会社

RFID 鍵・物品管理システム Cabiio

RFIDによる、鍵・物品管理を実現。
「いつ」「誰が」「何を」を
自動的に記録・管理。

貴重な物品を一括で管理するためのセキュリティキャビネット「Cabiio」

管理したい物品にそれぞれICタグを付けることで、
「いつ」「誰が」「何を」持ち出し/返却したのかを全自動で記録。
鍵やカード・USBメモリ等、セキュリティ管理が必要な物品の所在が一目でわかります。
また、キャビネット1台で約500個もの物品管理が可能。
さらにWAN接続により複数拠点にまたがる物品をサーバー上で一括管理することも出来ます。
カスタマイズにも対応いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。
尚、製品仕様については、改良のため予告なく変更する場合があります。

  • 1台で約500個もの物品
    管理が可能

  • 複数拠点の物品を
    WAN接続により遠隔
    地から一括管理

  • ICカード認証の電子錠
    によるセキュリティ

  • 棚の数は最大4棚まで
    実装可能

  • 収納トレイ毎の持ち出し権限も設定可能に

  • 不正操作時は
    アラーム音で警告

  • 製品概要
  • 利用方法
  • 主な仕様

RFID 鍵・
物品管理システム
Cabiio

写真

登録人数
最大1000人
管理可能キャビネット数
10台(カスタマイズによる追加可能)
管理サーバ推奨環境
Corei5、メモリ8GB、1TB
Windows10 ProまたはWindowsServer2016 およびSQLserver2016 以上
物品収納数
最大540個(鍵などの小物品の場合)
対応ICタグ
ICカード認証(ISO14443Type-A、B、Felica、ISO15693のいずれか)
通信インターフェイス
LAN
電源
AC100V(50/60Hz)
寸法
900mm(W)×450mm(D)×1100mm(H)
収納トレイ寸法
224mm(W)×326mm(D)
  • 写真

    一般的なキャビネットの大きさに合わせた寸法で最大540個の部品を管理可能。

  • 写真

    鍵、各種メディア、携帯電話等‥様々な物品にICタグをつけて管理が可能です。

    ※直接貼り付けられない場合は、ICタグの内蔵キーホルダーをご用意しております。(オプション)

  • 写真

    収納トレイには、管理物品に合った間仕切りをご用意しております。

    ※カスタマイズも可能です(オプション)

  • STEP 01

    写真

    利用者がICカード+暗証番号を入力して扉を開錠します。

  • STEP 02

    写真

    扉を開けて、利用する物品を持ち出す・返却します。(複数でも可)

  • STEP 03

    写真

    扉を閉めます。(自動施錠)

  • STEP 04

    写真

    パソコン上から利用する物品を検索し、持ち出しの有無と保管位置の確認を行うことが可能です。

図表

  • A セキュリティ
    キャビネット

    RFSC-18(標準)/T、L、TL(オプション型式)になります。18T(10key付き)、18L(ロック機構付き)、18TL(フルスペック)

    ※棚の標準は4棚です。

  • B 認証用
    ICカード
    アイコン

    ICカード(既製品)

    様々な規格に対応可能です。認証部のテンキーユニットはオプションです。

  • C 収納トレイ

    A4サイズの専用トレイを最大12個収納可能です。トレイ内の間仕切りは、収納物に合わせて変更可能です。

    *オプション扱いとなります。

  • D 閲覧ソフト アイコン アイコン

    専用閲覧ソフト(CD-ROM)

  • E 管理ソフト アイコン アイコン

    専用管理ソフト(CD-ROM)

    *サーバ構築等が別途必要となります

  • F 登録用リーダ

    認証用カードの登録や、管理物品の登録をします。

  • G ICタグ

    ICタグ(既製品)

    ラベルタイプ、キーホルダータイプなど

閲覧ソフト
最大1000人
管理ソフト
10台(カスタマイズによる追加可能)
登録用リーダ
認証用カードの登録や、管理物品用ICタグの登録をします。
認証用ICカード
ICカード(既製品)様々な規格に対応可能です。認証部のテンキーユニットはオプションです。
セキュリティキャビネット
RFSC-18(標準)/T、L、TL(オプション型式)になります。18T(10key付き)、18L(ロック機構付き)、18TL(フルスペック) ※棚の標準は4棚です。
ICタグ
ICタグ(既製品)ラベルタイプ、キーホルダータイプなど、様々な種類が御座います。
収納トレイ
収納トレイは、標準付属品です。トレイの間仕切り(サンペルカ)のカスタマイズが可能(オプション)

ユーザーインタビュー

  • 写真1

    学校法人 森村学園 中等部・高等部 教頭

    林 宏之 様

    鍵の返却率100%!
    300個もの鍵の一元管理、
    貸出記録の可視化が実現しました。

  • 写真2

    およそ300個もの鍵がズラリ。導入前はこれだけの鍵をボードに引っかけて管理していたそう。

    鍵管理の手間・ストレスから解放

    学校という場所には、クラスルームや会議室、音楽室など様々な部屋が存在します。当校では200~300近い鍵が存在するため、「いつ」「誰が」「どこの鍵を」持ち出しているのかを把握することが非常に困難でした。
    昨今セキュリティも厳しく、万が一鍵の紛失があっては非常に問題となりますので、以前から鍵を管理できるシステムを随分と探していたのですが、せいぜい30個ほどの管理しか出来ずあきらめかけていたんです。
    その点こちらの鍵管理システムでは500個ほどの鍵を一括管理でき、手間だった鍵の管理業務から解放されたので非常に助かっています。

  • 写真3

    返却期限を過ぎると、延滞者の名前が赤く表示。誰が返していないか一目で分かります。

    鍵の貸出記録を可視化。延滞者が一目でわかるように。

    鍵が持ち出された時・返却された時に、パソコンに入っているソフトで「いつ」「誰が」「どこの鍵を」借り、返したのかという記録が表示されるようになっています。
    もし期限を過ぎても返却されていない鍵があれば、借りた人の名前がリスト上で赤く表示されますので、それを見て声をかけることで「うっかり延滞」も解消。
    こちらを導入して5年が経ちますが、鍵の返却率が100%になり、職員の中でも「使用したらすぐに返す」という意識が定着しました。

  • 写真4

    教頭の林宏之様。以前はお1人で鍵の管理をしていたそう。管理がラクになったと喜ばれていました。

    公共施設のほか、一般企業さんにもお勧めです。

    公共施設には一般的に膨大な量の鍵が存在するので、同じように鍵の管理で悩まれている施設の方にはぜひお勧めしたいですね。
    また当校では鍵の他に、職員共用のPHSも管理していますが、一般の企業さんであればリモコンや社用携帯、USBメモリなども管理できて便利なのではないかなと思います。

  • 写真5

    アイコン

PRODUCT 01

屋外拡声用電力増幅装置

日本全国36,000カ所に採用されている、高効率化、小型化を実現したデジタルパワーアンプ。

PRODUCT SUPPORT