セントラルエンジニアリング株式会社

QUALITY 品質への取り組み

社会のニーズに応え、
お客様の満足を生み出すために。

目的に合致したバラツキのない最高品質の製品開発及びサービスの提供に向けP(S)DCAサイクルを維持活用し品質の改善向上を図ります。
また、QCD(Quality、Cost、Delivery)の向上を目指し、お客様のご要望に高品質・低コスト・短納期でお答えできる取り組みを行います。

品質方針

当社は、社会のニーズに応える為、またはお客様の満足を得る為に、最高品質の製品と技術サービスを提供するために、以下の取組みを推進します。

  1. 社会やお客様のニーズに迅速かつ柔軟に対応し、顧客満足と信頼を獲得します。
  2. 最高品質の製品と技術サービスを提供する為に、日々改善に努めます。
  3. 法令・お客様ニーズ・当社経営指針を基本とした要求を重要課題として実行いたします。
  4. 品質マネージメントシステム(QMS)が有効かつ適切に運用されるよう、定期的レビューと継続的改善に努めます。

QMS組織体制

取り組み

  1. 不具合及び顧客クレーム等の情報の共有化

    • 毎月の品質会議にて問題発生報告書データベースの問題発生項目について、各部門で生じた不具合や顧客クレーム等の詳細を把握し、改善及び再発防止策を講じます。
  2. 品質の確保及び向上

    • 各部門において品質目標達成計画書を作成し、PDCAサイクルを実行する事により継続して運用します。
    • 内部監査によるISO及び計画に対する進捗を確認し、課題抽出の上適切な対策を講じます。
    • マネジメントレビューによる会社経営陣への報告及び有効性の確認を行います。

管理委員会年間スケジュール

項目 実施内容 担当

品質会議

①QMS活動の状況確認。②問題発生報告書の内容確認。

各委員

マネージメントレビュー

昨年度のまとめ、及び今年度の取組について、
QMSが妥当かつ有効である事の確認。

社長

内部監査実施

QMS有効活動の確認。

内部監査員

内部監査報告

QMS有効活動内容の報告。

委員長

マネージメントレビュー

今年度の取組(中間)について、
QMSが妥当かつ有効である事の確認。

社長

更新審査

QMSが妥当かつ有効である事の確認。

PJR(審査会社)

QMS活動まとめ

目標達成計画書のまとめ。

各委員

次年度計画作成

事業計画及び、目標達成計画書の作成。

社長、各委員

認証ISO9001:2015

ISO9001は製品の品質保証体制と顧客満足向上を目的とした 品質マネジメントシステムの国際標準規格です。
最新のISO9001:2015年度版を2017年6月に認証取得しました。 更なる品質改善及び顧客満足向上に向け活動継続中です。