セントラルエンジニアリング株式会社

HISTORY 沿革

約60年間にわたり築いてきた、お客様との信頼。それに支えられて今日のわたしたちがあります。

1960年
  • セントラルエンジニアリングの前身「セントラル商工」設立。
    最初の仕事は鉱山機械の設計支援をすることでした。
1962年
  • セントラルエンジニアリング創業。
    社員4人、下駄屋の2階に本社を構えるという船出でした。
1964年
  • 機械事業部・通信機事業部の2部門に分離。
  • 石油化学プラントの設計請負開始。
1966年
  • ダムのテレメータ、遠方監視制御装置の開発、無線機器の電源部開発に従事。
    (はじめての納入先は和歌山の二川ダム。)
1967年
  • 受託開発開始。製品の設計・開発・製造を行う。
  • 製造部門を立ち上げ、自社開発第一号「ステップオシレーター」が完成。ダム用テレメータに搭載された。
1973年
  • 本社を千代田区丸の内に移転。
1978年
  • 原子力発電所に開発支援を開始。
1980年
  • ラリー競技において正確な距離やタイムを計算する自社製品、ラリープランナー「RP-80A」を発売。
  • 建築・建築設備の設計請負の受注が増加。
1981年
  • バーレーン王国にて、自動車電話システムの信号機変換に携わる。
1982年
  • アラブ首長国連邦向けオートモーティブテレフォンシステムを設計・開発。OEM提供する。
  • ラリープランナー「RP-90S」を発売。
  • 横浜に工場を開設。
1983年
  • ラリープランナー「RP-900」を発売。
1985年
  • 商用車やバスを製造する自動車メーカーと取引開始。設計請負・開発支援を行う。
1986年
  • 業務の多様化により、機械事業部をエンジニアリング事業部に改称。
  • 新横浜エンジニアリングセンターを開設。
  • ビデオコンバーターPVC88(NEC PC-8801用)発売。
  • ソフトウェア開発事業部発足。
1987年
  • タクシー配車システムの開発に携わる。
  • ビデオコンバーターを発売。
    PVC400(NEC PC-8801用)、PVC16(富士通 FM-16β用)、8チャンネルオートミキサーの受託設計・製造開始。
1989年
  • 高崎エンジニアリングセンターを開設。
  • 乗用車メーカーとの取引開始。
  • 総合重工メーカーとともに航空宇宙産業へ参画。
1990年
  • 1.5GHz帯アナログMCA無線機用延長制御装置開発。
1992年
  • 道路標識や企業・行政に特化した情報などを可視化することができる、地図情報システムの先駆けとなった地図情報管理システム「Visual MAP」発売。
  • パソコンの時計をGPS校正するGPSシンクロタイマーを開発・発売。
1993年
  • 横浜に新工場落成。
1994年
  • 視線誘導装置無線システムを開発、設計・製造。
1995年
  • 半導体業界への開発支援開始。
1996年
  • コピー機メーカーへの開発支援開始。
1997年
  • 列車の接近を保線作業員に知らせる「TC型無線列車接近警報装置」を開発。
1998年
  • 燃料電池・製造の開発支援を開始。
1999年
  • LRT(路面電車)の運行管理システムを開発。
2003年
  • ISO14001:2004認定。〔横浜工場〕
  • 大手通信会社とともに介護通信システムを開発。
2004年
  • 豊田オフィスを開設。
  • 防災無線用デジタルアンプを開発・製造。
2005年
  • ダム水位流量無線監視システムを開発。
2006年
  • プライバシーマーク取得。
  • 映像運転状況記録装置が完成。
  • 鉄道の速度パターン超過などを判定する装置が完成。
2008年
  • ISO9001:2008年度版 認証取得。
  • RFID技術(ICタグ)を使ったセキュリティキャビネットMR04を開発。
2009年
  • ポータブルカーナビゲーション用のVisual MAPを開発。
  • 鉄道の遠隔監視システムを開発。
2011年
  • 九州事業所を開設。
  • 航空機分野への開発支援を開始。
2012年
  • 名古屋オフィスを開設。
2016年
  • 社員の技術スキルアップのために、研修専門施設「A-LABO」を秋葉原に開設。
  • 防災行政無線に搭載されている防災無線用デジタルアンプが、
    全国累計32,000か所に設置。(2019年4月現在、全国累計36,000か所)
2017年
2018年
  • ISO14001:2015年度版 認証取得。〔横浜工場〕