• youtube
  • ツイッター
  • Facebook
  • ブログ
1546_423.png

「エンジニアの未来ブログ」は、エンジニアを目指して就職・転職活動中の理系の方向けお役立ち情報ブログです。

その他、弊社・セントラルエンジニアリングをご紹介する記事やイベント出展情報なども掲載。


全ての記事は、弊社のエンジニア採用担当者が執筆し、現場の生の情報をお届けします。

◆「99%が良かった」“体感型”説明会 参加者の声

投稿者:W. Hashimoto |投稿日時: 2017/05/25 13:25:22

皆さん、こんにちは。

入社2年目の橋本と申します。よろしくお願いいたします。

「モノづくり」の楽しさを知ってもらいたい。そんな想いから、2017年より導入した“体感型”説明会。アンケートの結果、お陰様で99%の参加者から「参加して良かった」というお言葉をいただいております。うれしい限りです。

参加者全員とはいきませんが、ほんの一部をご紹介したいと思います。

ちょっと長いですが、最後まで目を通してくださいね。

 

ものづくりの楽しさが分かった!

 

◆体験型説明会ということでグループと協力し合うことが非常に良かった。

ものづくりについてあまり知りませんでしたが、体験会を通して根拠をきちんと決めてから製作しなければいけないということが分かりました。

体験会で物作りの楽しさを知りました。

詳しい仕事内容がわかりました。また、のり・はさみを使ったものづくりが久しぶりだったので楽しかったです。

自分が本当にものづくりが好きなのか再確認することが出来た。

 

今回、体感型説明会に参加しました。ものを作るまでのプロセスがとても大切なことだと感じました。

ものづくりをグループで体験でき、達成した時のやりがい、嬉しさを体感できました。

物作りに対しての考え方が一つ深まりました。具体的には制約条件の中でやるという事です。

ものづくりの面白さを感じることができた。

班で協力してものを作る楽しさを知った。

 

モノづくりを実際に体験してみることは今までになかったので、とても楽しい会社説明会でした。モノづくりをする方がどのように作っていくか過程を知ることができたので良かったです。

身近なものでものつくりをしたが、まだまだ学ぶことが沢山あってとても楽しむことができました。

説明会が体験型でしたので、非常に楽しく有意義な時間を過ごせたと思います。

周囲の学生との対話の中で、材料についての加工・扱い方について詳しく知ることができた。またものづくりの楽しさを再確認できた。

普段こういった場でグループワークする機会がないので楽しかったです。

 

モノづくりを実際に体験してアイディアを出し合ったり、時間内に作るために時間配分したり色々考えることが出来た。

グールプワーク作業の意義が明確で分かりやすく、とても分かりやすかった。

ものづくりの楽しさや重要な手順を知ることが出来て良かった。

自分でわかっているつもりでも、実際はわかっていないようなことがあり、それに気づけたため。

ちょっとしたテストだけでは耐久性の正確な測定にはならないのだと学びました。複数の要素を加味して調べないといけないものつくりに奥深さを学びました。

 

 

会社の雰囲気が分かった!

 

◆体験会をする中で、人事の方ともお話する機会があり他の説明会よりも人柄を知ることができました。

◆55年という長い期間企業が存続しているという点で、様々な企業から信頼を勝ち取っている所はとても魅力的に感じました。

◆会社を知ろうと思うきっかけになる、楽しい説明会であったから。

◆会社の業務内容を知ることができ、会社の雰囲気も肌で感じることができた。面識の無い人とグループワークをする事も新鮮で良い体験ができた。

◆職場の雰囲気や必要な知識を知ることができた。構造や作り方など、ものづくりのプロセスを学べた点も大きい。

 

◆どのようなことを開発しているか理解できました。

◆フレンドリーで楽く働ける会社だと思いました。 

◆技術開発、支援を主にした企業の説明会に参加したのが初めての経験でした。他企業と違った意味で個性的な雰囲気で、とても明るく、とても魅力的に感じました。是非ともこちらで働きたいと感じました。

◆Web上では見られないような情報も詳しく説明されていたから。

◆会社の雰囲気やどんな人が応募に来ているのかを知ることが出来た

 

 

他の会社ではできない、貴重な体験ができた!

 

◆エンジニアをサポート・育成する御社の姿勢がとてもよく分かりました。モノつくり体験会は他社さんではあまり聞かないものなので非常に興味深くやらせて頂きました。

◆説明会に対する考え方が大きく変わった、大変ためになる説明会だと感じました。

◆体験型であること。みんなで一緒にできた。

◆作ることの楽しさを学べました。今まで受けた中で一番楽しい説明会でした。ありがとうございました。

◆今まで受けた説明会は体験等無かったのでとても興味を持てました!

 

◆体感型会社説明会が始めてのことだったのですが、非常に楽しかったからです。また、会社の概要がよくわかりました。

 

 

“エンジニア”の一部を体験することができた!

 

◆エンジニアというものを体験できた事がとても良かったと思います。内容もホームページ以外のこともおっしゃっていて、充実した説明会でした。

◆体感型のワークショップを行ってみて実際にエンジニアの一部を体験することができてよかったと思います。とても勉強になりました。

◆コストの面は、大学での研究ではあまり気にしたことがなかったので、働く人間としての考え方を学べる貴重な機会でした。ありがとうございました。

◆時間の中で求められた条件を満たす行動を集団で選択していくことの難しさを体感できた。誰かを引っ張るのは難しい。

◆実際に簡単なエンジニアのものづくり工程を体験でき、仕事に対しての実感が強くなりました。

 

◆コミュニケーションの大切さを知りました。

◆エンジニアとしての考え方やものづくりの過程を体験することが出来て大変勉強になりました。

◆手を動かしてエンジニアとは一体何か?というきっかけのような物が理解出来たから。

◆体感型の工作で他の人と協力して実際の仕事の流れの概要を理解できた点。

◆実際にエンジニアとしてどのようなことをやるのか、実感することができた。

 

◆エンジニアとしての考え方を改めて知りました。体験を通して、他の人な考え方を学ぶことができ、とても勉強になりました。

◆非常に楽しかった。エンジニアとして働くイメージを強く持つことができた。

◆グループワークを体験して納期に間に合わせることの難しさを感じました。

◆求める人物やエンジニアにとって重要なことを学べました。

◆エンジニアの大まかな仕事内容を実際に体験して、仕事の流れなどを知れたので、今後の就職活動に活かせる内容でとても良かったです。

 

◆エンジニアの仕事と手順についてこの説明会でよく知ることが出来ました。今日学んだことを今後に活かしていきたいです。

◆プロジェクトによる始まりから終わりまでの経過を簡単に経験できることができた。

◆ものをつくる過程や納期を守りながらつくることの難しさを体験できました。

◆実際に体験することで、モノを作る苦労などを感じることができました。本日はありがとうございました。

◆作るだけではなく、プロセスを正しく踏んで行くことの必要性を実感することができた。結果が良ければすべて良いわけではないとわかった。

 

◆実際にグループでモノを作る作業がとても有意義だった。

◆実際のエンジニアの考え方を学ぶことができました。

◆エンジニアというのはどういうものかを、言葉だけでなく、制限のある条件下でものを作る体験で知ることができたため。

◆実際のもの作りを通してエンジニアとしての働き方がわかりました。

◆会社の説明だけでなく今後の予定やエンジニアの体験といったことまで経験できたことが役に立ちました。

 

◆エンジニアさんの考え方がよくわかりました。

◆物を作って性能テストをするという流れを実際に体験出来て良かったと思いました。

◆ものづくり体験からエンジニアの基礎的な考え方を体験でき、非常に貴重な体験となりました。

◆エンジニアとしての業務を楽しみながら体験できて、非常に勉強になりました。

◆ものづくり体験からエンジニアの基礎的な考え方を体験でき、非常に貴重な体験となりました。

 

◆スライドでの企業説明はもちろんのこと、グループでのエンジニアの仕事の体験ができたから。

◆いままで、ぼんやりとしか理解していなかったエンジニアの仕事を実感することができたので。

◆実際に人と会話しながら作業をすることで、エンジニアという仕事の雰囲気を味わうことができたので役に立ちました。また、社員のかたの雰囲気も味わうことができた。

◆エンジニアに必要な手順を確認でき、自身のまだ至らない点もわかりました。

◆実際にグループワークでものづくりに挑戦してみて、エンジニアにとって大切なものが少しだけ理解することができたからです。

 

◆エンジニアという仕事のイメージがよく理解出来たから。

◆エンジニアがどのような考えで仕事をしているのかを知ることができた。

◆エンジニアに対しての考え方が変わりました。モノをつくる上での計画や設計など実際にやってみて楽しさやもっと知りたいと感じました。

◆エンジニアの設計に関しての考えの概要を学ぶことができた。

材料が紙の30キログラムの重さに耐えられる構造をした箱を製作するというテーマを通し、納期に間に合わせるのに時間配分設定の難しさや、構造についての勉強不足等を感じました。

しかし今回30キログラムの重さに耐え、最終的に50キログラム相当の人間ものせられる結果になったため、ここからコストを削減したり、形状を変えたり工夫したいなと悔しいながらにも感じ、とても価値のあるものになりました。ありがとうございました。

◆エンジニアについての基礎を体験型説明会といった形で学ぶことができたので、とても役に立ちました。

 

◆エンジニアにとって大切な要素を体験を通して学ぶことができた。

◆エンジニアにとっての大切な事が、体験型説明会を受けたことにより理解が深まりました。

◆体験型であった為、エンジニアとはどんなものか実感できた。

 

 

その他

 

◆本日はありがとうございました。体験型説明会非常に満足しました。是非選考を受けさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

◆時間配分と作業の分担がうまくいけなかったなと思った。

◆体験会がとてもためになりました。

 

 

いかがでしたか。

さあ、今度はあなたの番です。

今まで、体感型説明会なんて面倒だなって思っていたあなた!

まずは気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

◇◆◇◆ お知らせ ◇◆◇◆

 

当社では、物づくりの体験と当社の事がわかる“体感型”会社説明会を開催しております。

物づくりに興味のある方、セントラルエンジニアリングに興味のある方は、是非、

“体感型”会社説明会に、ご参加ください。

 

 体感型説明会 お申込みはこちら 

 

 

 また、遠方に在住の方や日程が合わず説明会に参加するのが難しい方向けに、

“WEB会社説明会”WEB面接”をご用意しております。

 

   WEB会社説明会は こちら    

 

   WEB面接 お申込みはこちら   

 

 

Topics: 『W. Hashimoto』の投稿, 05 理系就活~セントラルの選考